年賀状を印刷する際に

年賀状の印刷について

封筒

印刷だけの年賀状は味気ない

忙しい世の中となり、何でも合理的に、効率的に、時間の無駄をなくすというようになってきています。年賀状も御多分に漏れず、こうした傾向の中にありながら、そこはそれで昔からの習慣、しきたりなので省けないということで、いきおい印刷で賄い、宛名書きはパソコンを使っての宛名印刷というパターンとなります。3が日に届く年賀状ですが、こうしたものは実に味気がなく、生存を知らせるメッセージにしかなりません。本来の姿からすれば、日頃のご無沙汰なり、感謝なり、これからもよろしくを伝えるものですから、せめて一言でも、自筆で添え書きしたいものです。

年賀状は早めがオススメ

メールやネットがこれだけ普及した現代でも、年賀状はまだまだアナログな習慣として残されていますし、年に1度のハガキを楽しみにているという人も多いと思います。家庭用プリンターも普及してきましたが、枚数が多い場合やデザインに悩んだ時には、業者に印刷をお任せしてしまうという方法もあります。もし年賀状印刷を業者に依頼しようと考えている場合は、なるべく早めに注文することをオススメします。業者によって料金やサービスはさまざまですが、ほとんどの業者が早期割引キャンペーンをおこなっており、早く注文すればそれだけ早く手に入るだけでなく、プリント料金が最大で30%程度の割引になることがあります。各業者によって早期割引が適用される期間が異なるので、時期が来たら早めにチェックしてみてください。

↑PAGE TOP