手書きより印刷を使おう

宛名書きの印刷方法

封筒

封筒の宛名書きは印刷で対応

封筒の宛名書きは、なかなか手間が掛かる作業です。一件、二件程度であれば手書きでも十分間に合いますが、それが百件、二百件に上れば、もはや事務作業の域を超えかねません。多過ぎる宛名書き作業は、印刷で対応しましょう。専用のツールをパソコンに入れ、ソフトウエアで住所や氏名をインプットして行けば、手書き作業より格段に早く済みます。既に多くの大企業、中小企業は印刷による宛名書きを導入しています。中には一括で業者に宛名書きを委託する組織もあります。パソコンのソフトウエアを使えばフォントも自由に選択出来ますので、何かと楽しく作業が始められます。

封筒のサイズ選びに迷ったら

特に法人にとってなくてはならないと言ってもいいのが、書類やパンフレット、郵便物を封入・郵送するのに便利な、企業名や住所などを印刷した封筒です。デザインやカラー選びも重要ですが、よく使うサイズだけに絞って用意することでコストカットにも繋がります。抑えておきたいサイズは2つ、長3サイズと角2サイズです。日本国内でも国際規格にあわせてA4サイズが書類の一般サイズとして浸透してきていますが、長3サイズはA4用紙の3つ折りにピッタリで、角2サイズはA4用紙を折らずに入れることができます。この2サイズがあればA4はもちろんB5サイズにも対応できるので、印刷封筒のサイズ選びに迷ったらこの2サイズで検討してみてください。

↑PAGE TOP